1. HOME
  2. 至高の卵かけご飯体験
  3. 卵を溶くだけなのにこの商品点数

卵を溶く
だけなのに
この商品点数

右利き用、左利き用から
料亭などで使えるビッグサイズ
映画「ロッキー」の名シーン再現まで

右利き用、左利き用から
料亭などで使えるビッグサイズ
映画「ロッキー」の名シーン再現まで

下町の工場
ならではの
こだわりです。

作っておいてなんですが、恐らく「お箸でご飯を食べる」のとは違って、「生卵をかき混ぜる」という動作は、利き腕と逆でもさほど支障が無く出来る動作なのだと思います。

しかし私たちは「卵かけご飯専用器具」にも至高のときごこち、至高の使いごこちを求めました。

下町の町工場が考案した製造・開発元の商品だからこそ可能になった、カトラリー製品としても稀な「左利き用商品」をご用意しております。こちらは「ときここち」公式WEBのみでの販売となっております。

もし滑らかな口溶けの卵かけご飯を召し上がりたい、利き腕で存分にかき混ぜたいという左利きの方がいらっしゃいましたら、お気軽にWEB通販ページにてお買い求めください。

全ての方に至高の卵かけご飯を召し上がっていただきたい、それが私たちの想いです。

続々登場する
ときここちの
商品世界。

2019年の販売開始以来、半信半疑で開発した商品でしたが、卵かけご飯を愛する皆さまからの「ときここち」への反響は非常に熱いものがあり、手応えを感じております。

テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」内「トレたま」でのご紹介、池袋・東武百貨店への出展以来、使いごこちや味に関して様々な感想を頂戴しましたが、その中で印象に残ったお声が「これを料亭で使いたい」「毎日30個ほどの卵を一度に混ぜて茶碗蒸しなどを作っている」「ときここちで混ぜた卵は非常に仕上がりが良く滑らか」とのご意見でした。

そこで、すぐに作りました(笑)写真中段が一度に30個ほどの卵をボウルで完璧に混ぜることが出来る、超大型ときここちです。現在軽量化実験中で、まだ販売に至っておりませんが、同時に「プロテインなどの混ざりにくい粉末もこれなら混ざるのではないか」とのお声があり、写真上段の細長いタイプの「ときここち」も開発しています。

専用カップなどでプロテインドリンクを混ぜる想定で開発しましたが、コップに入れた生卵をこれで混ぜれば、映画「ロッキー」でシルベスタ・スタローンさんが演じたあの名シーンが再現できます。いずれの「ときここち」もどうぞ発売をお楽しみに。